911

横浜に行くなら横浜港へ

横浜へ行くとき、見たい場所はたくさんあります。
少し遠くであれば、三渓園ですね。ここは一度は訪れたい庭園で、経験のない人には絶対にお奨めです。
それから、港の見える丘公園と外人墓地も横浜でははずすことのできないスポットです。この近くのレストランのビーフシチューは絶品ですから、記憶しておいてください。

横浜の食べ物で忘れてはならないのは、中華街でしょう。たくさんのお店があり、切磋琢磨しているので、どの店でもはずれがないと言っても過言でないでしょう。
そして、必ず立ち寄りたいのが横浜港です。横浜港は昔から商業の拠点として活躍していましたから、古い建物も多く、それだけで感激ですが、停泊している船や赤レンガ倉庫なども横浜港で異国情緒を味わる演出をしてくれています。さらに、ホテルやカフェの食事も横浜ならではものを提供してくれていますが、少し気をつけてみると、スカンジナビアなど、聞きなれない国のレストランもたくさんあり、楽しいかぎりです。

もう一つ、横浜港は外国人も好んで訪れる場所ですので、日本人が外国語、特に英語を実践練習するには最適の場所になります。英会話教室に通ったり、ヘッドホンで自習するのもいいですが、生の練習には勝てないのでないでしょうか。
食事や景色を楽しみ、自分の気持ちを豊かにして、そのうえで国際交流となれば、一挙十得くらいになるはずです。

 

横浜を舞台にした名曲ってたくさんありますよね。

あなたはどんな曲が好きですか?

古くは「ブルーライト・ヨコハマ」 いしだあゆみの曲がありました(私の子供の頃です)。

ユーミンこと松任谷由実の「海を見ていた午後」、ソーダ水の中を貨物列車が通る、という表現がとても有名ですよね。横浜根岸のドルフィンというレストランだったかしら。

それからオフコース、横浜出身でしたよね。名曲の「秋の気配」では

あれがあなたの好きな場所、港が見下ろせる小高い公園

と歌われている公園は、港が見える丘公園のことだそうですよね。横浜に住んでいる時に案内して行ったことがあります。あの時は山下公園から歩いて行ったんじゃなかったかな~、遠い想い出です^^